メディアのあり方とは…地上波のニュース番組を見るのを止めて3年が経ちました
スポンサーリンク

朝起きてなんとなくテレビをつけるのが日課になっていました。

なんとなく天気予報をみて、目に入ってくるニュースを見る。

当たり前になっていた、そんな生活をやめて3年が経ちました。

もちろん好きなドラマはあるし、テレビはありますが、リアルタイムで見ることはほぼなくなりましたね。

わたしが地上波のニュースを見るのをやめたきっかけと、メディアの存在意義とは、正しい情報とは、と今回はまじめなお話をしようと思います。

羊子
いろんな情報を簡単に得れるようになった今こそ、どの情報を選ぶかが本当に大切です。

偏った情報、真実に気付けない

何が真実で何が嘘なのか。

今までテレビから流れる情報に疑問を持つことは少なかったです。

わたしの場合はNHKの戦争特集番組に疑問をもったことがきっかけでした。
本やネットはもちろん、YouTubeやアメバTVを見るようになって、その内容があまりにも地上波のテレビの内容と違っていたのではじめはただ不思議に思ったのが最初の気持ちです。

日本には右翼とか左翼とかリベラルやらもろもろ政治的思想があるわけですが、テレビ番組によって実はかなり偏った情報が流れてたんですよね。

テレビの中でも公平で正しい放送をすべきNHKでさえ、偏った情報なのではないかと不信感がつのりました。

韓国と日本の関係について

例として、今もまた話題になっている日韓関係についてお話しようと思います。

少し前ですが、【ホワイト国】だとか【日嫌デモ】【慰安婦】【徴用工】歴史の認識が未だ解決されないお隣の国。
これはもちろん個々の正しい歴史知識が大前提になったりもするのですが、わたしも勉強し直すまであまり関心もなければ考えることすらなかった問題でした。

テレビでは韓国全体が日嫌だとアピールし、まるで日本が悪いような言い方、
全国に増えつつある慰安婦像も、なんとなく日本が悪いのではないかと感じている人も少なくないはずです。

最近YouTube登録人数100万人を達成したあっちゃんことオリラジの中田敦彦。
経済から歴史、偉人や本などの紹介を客観的かつ事実を基にしたしっかりした情報を発信してくれるおすすめのYouTubeです。

日韓関係の歴史の価値観は本当に様々で、面倒なので地上波では絶対にやりません。

批判を受けるとわかっていながら、この内容について真剣に授業してくれたあっちゃんは素晴らしいし、関心のなかった人たちをも考えさせるとてもいいきっかけになったことは間違いありません。

 

そしてWWUKさんは韓国人なのですが、独学や留学の末韓国の政治を批判したYouTubeを作ったことで韓国メディアから現在叩かれているユーチューバーです。

現在日本に住んでいて、帰化申請中な方だけのこともあって彼の番組は毎回勉強させられることばかりです。

事実に基づいた歴史感や考え方がロジカルでとても応援している中の1人です。

羊子
WWUKさんのチャンネルは毎回考えさせられることが多く、情報量も多いのでとても勉強になります。
そしてその内容についていけるように毎回学びたいと思えるチャンネルです。

韓国メディアの情報も出してくれるので、日本のマスコミではやらない情報だらけで混乱します。

日本のメディアでは文大統領賛成派が多い、日嫌デモが多いイメージですが、韓国国内のデモの数は比べられない人数の文批判デモが各地で開催されているし、韓国の大学教授らが出版した『反日種族主義』という本がベストセラーになっています。

 

百田尚樹さんや上念司、青山繁晴、武田邦彦、有本香さんなど曜日別でYouTube、DHCチャンネル、ニコニコで発信される朝8時から2時間の世界情勢や政治中心所情報番組です。

2時間は長いですが、YouTubeの倍速などで毎日見るというよりは聞きながら掃除や料理をすることが日課になりました。
地上波では絶対に話さないギリギリの話などを、どちらかというと右よりで話を聞けるので、なかなか勉強になりますよ。

虎ノ門ニュースも聞き始めて(テレビだから本当は見るものなんだけど)3年が経ちましたが、めっきり政治通になりましたね。
今まで全然知らなかった政治や世界情勢がかなり分かるようになったし、日本の閣僚や人物に詳しくなると政治も楽しいんですよね。

今回入閣された人たちに対しての好き嫌いもはっきり自分なりの意見が言えるようになったし、興味を持つことで今まで見えなかったものが見える、知れるという喜びを知ることができました。

羊子
政治家の中にはぶっ飛ぶくらい怖い思想を持っている人もいるので、しっかり知ることがとても大切なんだと気付かされました。

インターネットの発展によりもう隠し続けることができない

これも韓国の話に似ているんですが、個人が発信できる時代になったことにより、良くも悪くも『知る』ことが簡易になりました。
それと同時に真実は1つなのに、明らかに平気に嘘をついたり、真実が歪曲されて確信にたどり着くまでの情報リテラシーも必要になってきています。

間違った情報や偏った情報が多い中で、真実を決めるのは自分自身なのです。


例えば最近話題がつきないN国(NHKをぶっ潰す党)の立花さんが容疑者になったという件。

N国党・立花党首 直接対面で和解?被害届「取り下げるな」の真意
二瓶中央区議(手前)と対面した立花党首

電撃対面も立花劇場!? ユーチューブ上で二瓶文徳・東京都中央区議(25)を脅迫したとして、警察から事情聴取を受けていたNHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が10日、中央区議会を訪問。音信不通だった二瓶氏と対面し、すっかり和解モードに突入した。

前日に容疑者として事情聴取を受けた立花氏は「有罪なら議員を辞める」と表明。刑事事件になっても「何も言わずに党をバックレた二瓶氏を許さない」として、二瓶氏が中央区議会に出席するこの日、議会局を通じ面会を要請したのだ。

すると二瓶氏が区議会が入る区役所正面玄関に現れ、立花氏と約5か月ぶりに対面。それまで「二瓶出てこーい!」と怒っていた立花氏だが「日本と韓国の争いがあるが、人と人は会えば、一瞬にしていろんなものが…」と感極まる場面も。

正確には被疑者ですが、マスコミはこの時点で間違った情報を流しているのがわかります。

そして本人はYouTube議員なので、すぐにこの件についてUPされてました。

訴えた二瓶さんはN国から出馬したものの、当選後何の連絡もせず離党し、連絡もとれない状態だった為YouTubeにUPした立花さん。
その内容に対して脅迫だと感じ訴えた二瓶さん。

普通に考えればこれ、二瓶さんが悪いでしょ。

N国で出馬して離党するならしっかり説明するべきだし、投票した国民を騙したことにもなりかねませんからね。

まぁ立花さんの言い方もあれですけどねw

最近N国の話がメインになりつつあるメンタリストのDAIGOさんのチャンネルも面白いです。
心理的にいろんな立場から説明してくれているので、なるほどねーと暇つぶしには最適なネタが多いww

わたしはN国支持者でもなんでもないですが、メディアはN国潰し一色だし印象操作に必死なことがわかります。

分かるのって少なくとも情報を整理して自分で考える能力なので、情報を聞き流すのではなく考えることを意識するとまったく違う世界になるんです。

そうした知識が蓄積すると、世界情勢や日本の立ち位置が見えてきて、少し深い視点でニュースを見ることができます。

それでも堂々と嘘をつくメディアが存在するという事実

ネットで調べればすぐ出てくるのが『朝日新聞』

これも最近まで全然知りませんでしたが、とにかく極左よりな嘘だらけの新聞社というイメージに変わりました。
虎ノ門ニュースを知ったことで分かるようになりましたが、でもここにたどり着くまでにかなりの時間がかかりました。
まず何にも知らなかったので、知ることから始まったわけです。

知らないという恐ろしさ

3年前のわたしはそれはそれできっと楽しかったし、俗にいう普通に暮らしてたわけです。
ただ知った側から言うと、知らない、というのはただただ恐ろしいです。

知らないのにマスコミに言われるままの情報を信じ、印象操作にひっかかり、鵜呑みにしてたわけですからね。
知らないうちに自分で考える事すらしなくなってたと思います。
それってめちゃめちゃ怖くないですか。

事実を正しく知ること、学習し続けると分かってくる世の中の見え方

このブログを書き出して本当に良かったと思えることなんですが、『自分で情報を得て自分で考え意見を持つ』ことの重要性がいかに人生で大切なのかってことです。

同居で悩んでいた時もそうですが、『まわりがこうだから』『それが普通だから』『一般的、常識的にはこう』という先入観で自分がいかに洗脳されていたか、自分自身で考えていなかったかといことに気付かされました。

それは裏を返せば責任も丸投げしていたわけで、自分の決めたことに責任すら持ててなかったんだと思います。

『事実』を正しく知る能力、常に自分で考える力、責任を持つ覚悟はこれからも意識して持ち続けていきたいです。

歴史を正しく知ることがいかに大切か

これはある意味日本が平和だからこそ、考えなくていいんだという意見もあります。
現在の香港のデモのように、学生までもがボイコットをしてでも活動に参加するというのは国の非常事態であり、本来ならこんなことない方がいいわけです。

これもマスコミではあまり伝えてないですが、デモ活動に香港警察が市民に紛れて過激なデモをしている様子がSNSで出回りました。
香港国民が持っているはずのない拳銃が移っていたわけです。
過激という理由で鎮圧しようといた中国側の思惑も、現在のネット社会の進歩により天安門事件のようにはいかなくなり民主党がスタンダードになる時代を心から願うと共に、より真実をしっかり見なくてはという気持ちになりました。

歴史を正しく知ること、世界情勢を知ることは日本人としての誇りを再確認できると共に、課題も明確にわかる大切な情報です。
これはひとによっていろんな意見があっていいし、どう思うのも自由です。
ただ知らないと、考えないと自分の意見が持てないので、とにかく知る、考えることが必要ということです。

勉強しても時間が足りなさすぎる

いやー、もうこれに尽きますね。

『時間がない』って使いたくない言葉なんですが、本当に時間がない!
今ハマりすぎて、ここ最近毎日寝不足が続いています。
学生時代なにしてたんだーーってくらい興味がなかったことだったので、知りたいことが多すぎて時間が足りませんww
知ることが楽しいなんて、昔の自分に教えてあげたいわ。

数年前、会社で仕事が早く終わるとやることなくて毎日暇を持て余してた自分に教えてあげたいww

しかし人って単純なくらい面白いくらい変わることができるんですね。

日本人として子供に教えたいこと

知れば知るほど、日本が大好きになりました。
旅行などで海外から帰ってくると余計に思ったりもします。

日本人に生まれて良かったと思えることがたくさんあります。
わたしなりの意見や思いを子供にも教えていきたいと思います。

これからの時代、国は関係なくなるかもしれないし、アイデンティティってあるようで難しい問題でもありますよね。

でもなにより、子供には自分の存在意義、そして日本の素晴らしい歴史をしっかり教えていこうと思います。
(マニアックすぎますが、良かったら記事にしてきますね)

羊子
最近熱く語る記事ばかりですみません。
次回はゆるーい内容にしようと思います♡
スポンサーリンク
おすすめの記事