見よう見まねで投資信託を始めて2年、また新たに組み直しました
スポンサーリンク

とにかくいろんなことを初めてみたここ数年でしたが、本当に本当に継続していくことの難しさと日々勉強、これがまぁ難しい。

なんて言い訳するのは嫌なので、やめますww

それに気付けたんだから、また今から始めればいいじゃないか!ということで前向きにスタートです。

さて、ざくっとNISAなんてもんが出来てから数年。

 

やっぱりその頃は投資についてなんての知識なんて全くなくて、それでも必死に調べてのひふみだったりセゾン投信だったりロボアドバイザーだったりしたわけですよ。

雑誌やネット情報でひたすら調べたことと実践の繰り返し

あれから数年。

 

2年くらい経ちまして。

全てやめました。

成長したよわたし。

 

今の結論が正しいかは誰にも分かりませんが、何より自分で理由が言えるようになりました。
ってことは少なくとも、投資について理解して選べるようになったってことなんです。

 

しかし今までの投資には全く後悔していません。

やっぱりやってみなきゃわからない。

 

やってみたからこそ失敗があって、そもそもあの時行動していなければ今は絶対にないです。

勉強料っていってもおかしくないんですが、幸いマイナスになってないことにも感謝です。

ということで今までの投資の経緯と現在についてお話します。

まったくわからないところからのスタート

2014年から始まったNISAですが、その頃はまったく知らずだったのでもちろん興味も知識も0でした。

 

その2年後の2016年からジュニアNISAなんてものも登場していますが、その当時は娘もいない為もちろんスルー。

 

そんな中2018年につみたてNISAが始まったわけですが、たまたま友人が『始めてみることにしたよ』という一言に『え?なにそれ』てな風に食いついたのがきっかけです。

羊子
その後社内でも話題になり、なんとなくノリで『始めてみよう』ってなったのがきっかけでした。

それと前後するタイミングでこれまたノリでこちらにも手を出してみたんですよね。

更にとある証券会社に行って投資したのもこのころです。

ということでまず当時の内容を整理してみます。

つみたてNISAをはじめてみた

当時アベノミクス絶好調のタイミングでもあり、急成長していた『ひふみ投信』をつみたてNISAとして運用することにしました。

羊子
この頃投資セミナーに積極的に参加していましたね。
しっかりとした判断ができないまま、銀行や大手の証券会社の商品を【へぇええーー】って見入ってました。

あとは山崎元先生の本を読み漁りましたw

『お金』についての基本や考え方について目から鱗の内容ばかりで、山崎先生の本でわたしのお金に対する考え方が変わったといっても過言ではありません。

羊子
小難しい本を読んで挫折ばかりしていた時に出会った本です。
山崎さんの本に会えなかったら、今投資してないかも!!本当に感謝です。
created by Rinker
¥1,320 (2019/11/15 16:38:32時点 楽天市場調べ-詳細)

ロボアドバイザーをやってみた

この記事につきます。

そもそも投資は長期で!と考えていたのに、まさかの10ヶ月で売却しとるやないかーーい!と突っ込みたくなりますが、いいんです!!
気付いたから♡

証券会社で契約

今考えれば『絶対しない』って胸を張って言えるわけですが、当時のわたしはこれが王道、とでも言うんでしょうか。
いや、大体大半の方が『投資をはじめてみよう』ってなったら銀行か証券会社、ゆうちょとかに行くんじゃないでしょうか。
はじめから、ネット証券で始める!という方がいたら尊敬しかないです。

羊子
そもそもの金融リテラシーにもよるんでしょうね。
まじでなんにもなかったですもん。

ということで、オットのNISA枠を使って初めてみたのがこちらでした。

実際に投資をはじめて気付いた常識について

さぁ、ここでNISAや投資をはじめてる、という方にお聞きしたい。

あなたはその投資信託の手数料がすぐに言えますか??

わたしの答えはNOでした。

羊子
これ常識みたいなんですけど、銀行の窓口なんかで契約した人のほとんどはそのしくみを理解していない方も少なくないはずなんです。

この2年近く、やっていた投資信託の年利は安くても0.9%

高いものだと2%近くだったんです。

ですが、SIB証券や楽天証券(ネット証券)ですと、0.1%以下が当たり前の時代なんです。

わたしの師匠である両学長も『本当に良い商品は手数料が安いのに内容もいいというのが主流、ゴミ商品が山のようにあるので気を付けて』と言っています。

羊子
両学長はほぼ毎日更新していて、お金や人生論など学ぶことができ、本当に出会えて良かった人の1人です。
初心者でもわかりやすい説明なので、1番入りやすいYouTubeなのではないかと思います。

売買の手数料が無料のところが増えている一方、やはり手数料(信託報酬)は侮れません。

2%

1,000万なら20万

0.1%

1000万なら1万円ですからねーーー

確かに銀行や証券会社のサービスは手厚いかもしれません。
でも携帯会社と同じで、窓口や手厚いサービスがあるということの裏にはそのサービス料も上乗せされてるんです。
大手キャリアから楽天モバイルに変えただけで1/6以下に下がったように、どこの世界も同じだということですね。

ということで、2年実際にやってみてわかったことは少し面倒だし時間がかかるとしてもネット証券で自分で設定するということが1番お得!ということに気付きました。
なので、一旦すべて解約して新しく組み直しました。

楽天証券かSIB証券か

羊子
悩んでとりあえず2つ作っていたんですが、今はどちらともしっかり活用できています。

もともと楽天圏で生活しているので、楽天証券は使いやすいです。
なんなら楽天ポイントも投資できちゃうし、見やすいので初心者にはとてもおすすめです。

現在楽天証券では積立NISAを、SBI証券ではFTFをやっています。

ETFと投資信託の違い

どちらも投資信託ですが、大きな違いは『上場しているかしていないか』です。

ETFよりも投資信託の方が圧倒的に商品数も種類も多いのも特徴。

またETFは証券会社でのみ取り扱われています。

☆ETFは上場投資信託のため、株式と同様に証券会社を通じて証券取引所に売買の注文がリアルタイムできます。
一方投資信託は上場しておらず、証券会社や銀行・郵便局などで購入します。
投資信託は通常、注文を出した当日は売買金額が公表されず、注文した翌営業日に公表されます。

ちなみにETFと投資信託では、一般的にETFの方が購入時手数料や保有期間中の手数料(信託報酬)が比較的安くなっているのも特徴です。

✔楽天VTI(楽天・全米株式インデックスファンド)

信託報酬 0.162%

✔eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

信託報酬 0.165%

だったのが、2019年11月12日より0.088%に引き下げ

海外ETF

✔バンガード全世界株式(VT)
経費率 0.09%

✔バンガードS&P500(VOO)
経費率 0.03%

こびと株

ETFの詳しくはこびと株さんがとてもわかりやすいです。

両学長もYouTubeで公開しているのでこちらへ

羊子
ということで、現在はこんな感じで運用し直すことにしました。

大切な内容をさっくとしか書かなくてすみません。
しかし、もうこれは山崎元先生、両学長とこびと株さんの内容がすばらしすぎるので、そのままおすすめいたします。

興味のある方はぜひ調べてみてください♡

スポンサーリンク
おすすめの記事